秋田の総合福祉事業に貢献する総合福祉医療ステーション「きららアーバンパレス」、秋田の老人ホーム「ケアセンターきらら」
トップページ > 施設概要 > 沿革
沿革
法 人 名 株式会社きららホールディングス
年 月 内 容
平成2年3月 会社設立
秋田市太平山谷の原野を購入し、造成。
宅地として販売。15区画を販売。
平成8年5月 ニ期造成工事。
10区画を造成。販売。
平成15年8月 全区画完売。
平成17年2月 ケアセンターきらら開設(秋田市太平山谷)
短期入所生活介護(ショートステイ)20床、デイサービス10名/日
秋田市では初の社会福祉法人によらない民間(株式会社、有限会社等)の短期入所生活介護事業所(ショートステイ)として開設
平成19年7月 ショートステイ31床増床し51床に、デイサービス30名増枠して40名/日まで受入可能。
居宅介護支援事業所開設。
平成22年11月 きららアーバンパレス開設(秋田市大町)
小規模多機能型居宅介護事業所開設。

平成22年12月




平成23年4月

平成24年4月

平成24年6月


平成27年9月

きららアーバンパレス グランドオープン。 認可外保育園、訪問介護事業所、福祉用具事業所、短期入所生活介護事業所(78床)、特定施設入居者生活介護(28床)
居宅介護支援事業所をアーバンパレス内に移転。

学童クラブかんとう通り 開設

教育事業部 開設

訪問看護ステーション・訪問マッサージ事業所 開設                  教育事業部を総合企画部へ改組

 社名を株式会社きららホールディングスに改組

img